ダリッジ・ヒルで水道本管破裂の洪水

民家床上浸水で住民避難の騒ぎ

 シドニー首都圏インナー・ウエストのダリッジ・ヒルで水道本管が破裂し、少なくとも10戸を越える民家が床上浸水した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 この事故のため、オールド・カンタベリー・ロードが通行止めになり、当局がガスと電力の故障を調べている間、周辺住民が避難した。

 イアン・クリマー警視は、「水道本管が道路下で破裂し、噴き出た水が低地の民家敷地に流れ込んだ。そのため、車両、歩行者にも現場周辺を避けるよう呼びかけている。大量の水が噴き出しており、現場付近を流れ下っている」と語っている。

 住民の一人は、「水道管が破裂する音を聞いてから1分もしないうちに自宅のドライブウエーを水がほとばしってきた。かなり濁った水だった。あわてて裏庭に行ってみると、そちらも30秒もすると全体が水浸しになっていた。かれこれ10年ほど住んでいるが、しばしば水が噴き出してくる。今は地面に水がしみこんでいるので、緊急救援局ボランティアが地盤陥没がないかどうかチェックしている」と語っている。
■ソース
Dulwich Hill residents evacuated after burst water main floods homes

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る