NSW州、新銃砲規制法で取締強化

盗品銃砲所持には懲役最高14年

 11月18日、NSW州議会が新銃砲規制法を可決したことが報道されている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 新銃砲取締法では盗品の銃砲の所持の禁止が新設され、違反には懲役最高14年が科せられる。トロイ・グラント副州首相兼法相は、「この法令はNSW州政府が社会を脅かす者に対して厳しい態度で臨むことを表明したものだ。法の目をかいくぐった違法な銃砲が社会の脅威になっていることは明らかだから、非合法銃砲取引の取締りを徹底的に叩くことを強調している」と語った。

 また、禁止されたタイプの銃砲の使用、供給、入手など一連の違反行為にも懲役最高14年の罰則を設けている。

 その他にも目新しいところとしては、3Dプリンターで銃砲を作ることができるようなデジタル設計図の所持も禁止されている。
■ソース
New NSW gun laws crack down on illegal firearm trade

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る