テルストラ携帯ネットワーク再びダウン

4月3日にフリー・データ・デー約束

 3月17日夕刻、テルストラの携帯電話ネットワークが再び故障した。国内首都圏地域とQLD、WA両州とNTのほぼ全域が影響を受けたが、数時間で徐々に機能を再開した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 テルストラは声明を発表し、「携帯電話サービスの回復を急速に進めている。この事故のため、各地で音声、データのトラフィックが影響を受けた。事故の原因はまだ確定していないが、現段階では携帯電話が通話開始の信号を発し、データを使用するネットワークの部分で問題が起きたとみられている」と述べている。

 携帯電話ネットワークにアクセスできないという利用者からの苦情が国内全土から殺到し、メルボルン、シドニー、アデレード、QLD、WA両州、NTから苦情のツイートが届いた。

 サンコープ銀行は、ツイッターで同社のATM、EFTPOS端末と電話の接続が影響を受けていると発表している。

 3月18日、テルストラは、「この大規模な故障で最大800万人の利用者に迷惑をかけた。補償として4月3日を無料データ・デーとする。ダウンロードを含め、この日の送受信には課金しない」と発表している。

 同社の携帯電話ネットワークは2016年2月にも大規模な故障をしており、やはり、無料データ・デーを利用者に提供したが、原因として「恥ずかしいヒューマン・エラー」と発表している。
■ソース
Telstra restoring services following nationwide outage impacting mobile customers

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る