TAS州ポート・アーサーの乱射35人殺害事件20周年追悼式典

小雨降る中、当時の首相ハワード氏らも列席し、しめやかに行われる

 4月28日、タスマニア州の観光地でかつての流刑地史跡、ポートー・アーサー35人射殺事件20周年追悼式典が小雨の中でしめやかに行われ、500人を超える人々が列席した。

 ABC放送(電子版)が伝えている。

 1996年のこの日、精神障害の青年、マーチン・ブライアントが複数の自動小銃で史跡内を乱射しながら移動、歩道、喫茶店、レストランなどに居合わせた人々を殺傷した。

 基調演説でマルコム・タンブル連邦首相は、「歳月が過ぎ、傷は癒えても喪失感は消えない。無辜の人々の犠牲を悼むとともに残された人々の立ち直る強さを祈念したい。一人の命が失われる波紋は深い。ここで行われた邪悪も、亡くなった人々の思い出を曇らせることはできない」と語った。

 20人が殺害されたブロード・アロウ・カフェは思い出の痛みを伴うことから事件後取り壊され、その近くに犠牲者を追悼する記念碑が建てられており、20周年のこの日、タンブル氏、野党労働党のビル・ショーテン党首、タスマニア州のウィル・ホジマン州首相らが記念碑に献花した。

 ケート・ウォーナーTAS州総督は、「ポート・アーサー流刑地史跡は、先住民族の苦難、さらに流刑囚の苦難の史跡であったが、20年前の事件はさらに苦難を付け加えることになった。しかし、この事件を契機に導入された銃砲関係法改定は正しい方向であり、その後大量射殺事件は起きていない。しかし、この事件は常に警戒を怠ってはならないということを思い出させてくれるものだ。事件はこの史跡に影を落とすことになったが、人々は再び立ち上がり、この史跡を再び優れた観光地として取り戻した。しかし、決して痛みが去ることのない人を忘れてはならない」と語った。

 式典では20年前のこの日にポート・アーサーにいて、危うく事件を逃れたオペラ・シンガーのアメリア・ファルジアさんがアンドリュー・ロイド・ウェバーの「ピエ・イエス」を歌った。
■ソース
Port Arthur memorial service marks 20th anniversary of massacre

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る