シドニーのサイクリスト、サイクリング中に脚に大やけど負う

軽い転倒後にポケットのiPhoneが発火破裂

 
 シドニーのサイクリストがサイクリング中に軽く転倒したが、その後でパンツの後ポケットに入れてあったiPhoneが発火、破裂したため、太もも後部に3度のやけどを負った。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 7月31日、ボンダイの経営コンサルタント、ガレス・クリアさん(36)は、マウンテン・バイクに乗っていてこの事故にあったもので、転倒時にiPhoneを下敷きにして倒れており、その直後にiPhoneが破裂、化繊のバイク・ショーツを溶かし、右の太ももに大やけどを負った。

 クリアさんは、「後ポケットから煙が出ているのに気づいたが、突然太ももに猛烈な痛みと猛烈な熱を感じた。あっという間だった。脚を見ると黒い液体が垂れており、リンのような臭いがした」と語っている。

 アップル社はこの事故について何のコメントも出していないが、シドニー・モーニング・ヘラルド紙は、「アップル社がクリアさんに直接接触したものと見られている」と記している。

 一方、豪州競争消費者委員会(ACCC)の広報担当者は、年に1件か2件は携帯電話の電池による負傷事故の報告を受けており、今回もNSW州公正取引局と協力して事故原因などを調査していると発表、「リチウム・イオン電池は強い衝撃に弱く、電極を絶縁している薄い隔壁が損傷することがある。携帯電話に強い物理的衝撃が加わる可能性のある活動をする際には、携帯電話をポケットなど身体に密着するところに入れておかないことが望ましい」と語っている。

 ロイヤル・ノース・ショア病院に入院したクリアさんのやけどは皮膚移植の必要があるとされており、アップルからも連絡を受けたと語っている。

 低品質のリチウム・イオン電池は、最近ではスマート・バランス・ホイールと呼ばれるモーター駆動のスケートボード様の玩具に利用され、路上で発火する事故を引き起こしており、一時製品の出荷停止となった事例がある。また、携帯電話でも修理時のミスが原因で発火する事故が起きている。
■ソース
Sydney bike rider Gareth Clear left with third-degree burns after iPhone ‘explodes’

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る