「大学は出たけれど…」厳しい大卒フルタイム雇用減少

入学者増加しても雇用は伸びず需給不均衡に

 最新調査によると、国内大卒者のフルタイム雇用が減っており、大学を出ても就職さえおぼつかない状況になっている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 大卒者の就職率は2008年の89%から2014年には67%と激減している。その背景に、大学入学者が大きく伸びているのに対して、大卒者がフルタイム雇用を見つけるチャンスが減っていることが挙げられる。一方、国内大学協議団体「Universities Australia」は、労働市場は大卒者増加に歩調を合わせているはずと語っている。

 この調査は、SA州フリンダース大学のNational Institute of Labour Studiesが実施したもの。同大学のトム・カーメル准教授は、「まだ勉学を終えていない者は仕事を見つけることさえ難しいだろう。仕事を見つけられないと決めつけているわけではない。しかし、学位を取る見返りについてよく考えた方がいい。大卒労働市場は確かに供給過多になっていた。雇用は全体的に減っているが、それも分野によって違いがある。医学部卒業者は2008年には100%近い、97.5%という就職率だったが、2014年には95%に下がっている。2008年には、言語学、文学卒業者のフルタイム就職率は22%だったが、2014年には12%に下がっている。

 カーメル博士は、「大学は入学者を増やして収入増加を図っているが、大学志望者の方も卒業後の就職見通しを厳しくチェックするようになる。卒業しても就職できないような講座は入学者が減るだろう」と分析している。

 しかし、Universities Australiaのベリンダ・ロビンソンCEOは、「雇用は大卒者の人口に合わせて伸びている。当初は難航してもいずれは就職できる」と反論している。
■ソース
University graduates struggle to find full-time work as enrolments increase, study finds

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る