この冬は記録的な暖冬

最高気温は長期平均を2度上回る

 2017年のオーストラリアの冬は記録的な乾燥した暖冬で、平均最高気温も長期平均を摂氏2度上回った。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 気象庁(BoM)によると、今年の冬は1910年の気象観測記録開始以来最高の暖冬で、また湿度は記録第9位となった。

 2017年6,7,8月のオーストラリア国内気象記録観測所全体の1日の平均最高気温記録は摂氏23.7度だった。これに対して、1961年から1990年にかけての平均ベースライン気温の摂氏21.8度を1.9度上回り、2009年の摂氏23.4度という記録を塗り替えた。

 WA州、QLD州及びl北部準州(NT)では、もっとも暖かい暖冬になり、NSW、SA両州では第3位の暖かさになった。

 一日の最低気温についても、大陸北部のほとんどの地域で長期平均より暖かかったが、最高気温ほどには長期平均を上回るものではなかった。

 それとは対照的に、NSW州内陸、VIC州北部では寒い夜が続き、ところによっては1度から2度平均を下回っている。

 また、NSW州では1997年以来もっとも寒い夜を経験した。
■ソース
BOM: Australia’s hottest winter on record, maximum temperatures up nearly 2C on the long-term average

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る