春が近づき、専門家が、喘息、花粉症患者に警告

「花粉飛散と嵐が重なるとさらに被害が増大」

 暖かい春も喘息や花粉症の患者には不安な季節。しかも、昨年のように花粉が飛散する時期と雷を伴う暴風雨のように悪天候が重なるとその被害も増大され、死者を出している。今年も保健専門家が、花粉の影響を受けやすい患者は警戒するようにと呼びかけている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 WA大学のノーベル賞受賞者、バリー・マーシャル教授は、「昨年のメルボルンの気象では、嵐が花粉を巻き上げ、花粉が細かい粒子になって患者の気道内に入り込んで刺激し、大勢の人が救急病棟に送られ、喘息の発作で9人が亡くなっている」と述べている。

 また、QLD工科大学のジャネット・デイビーズ准教授は、「悪天候と大気中の花粉濃度というのはメルボルンに限ったことではなく、将来的には温帯性気候の地域はどこでもこうなる可能性がある。これまでにもキャンベラやNSW州の一部で発生している」と語っている。

 昨年11月のメルボルンの場合には救急病棟に運ばれた数は4000人にのぼり、30人が集中治療室に収容されている。これは世界的にも記録的なできごとになっているが、温帯においてさらに拡大することが予想されている。

 Asthma Australiaによれば、オーストラリアでは5人に1人が花粉症で悩み、また、10人に1人が喘息に悩まされている。しかも、喘息患者の大多数が花粉症の症状も持っているとされている。

 デイビーズ教授によると、昨年のメルボルンでの大量発生の場合にはライグラスの花粉が原因になっていたが、アレルゲンになるカビの胞子や花粉の粒子に対する感受性が引き金になることがある。
■ソース
Health experts urge asthma and hay fever sufferers to be prepared as spring sets in

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る