「優良Pプレート・ドライバーには無料化特典を」

NSW州ドライバー団体が妙案を提唱

 NSW州のドライバー団体、NRMAは、「優良安全運転のPプレート・ドライバーには5年有効免許証切り替え時の料金を無料にするなどで報いるべきだ」と提唱している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同団体は、「違反のないPプレート・ドライバーには、最初の正免許への切り替え時に$180の更新料を免除し、また5スターの車に乗っている場合には車両登録料を無料にするなどのインセンティブを与えてはどうか」としている。

 NSW州のグラディス・ベレジクリアン州首相も「そのアイデアは興味深い。すべての者が改善に向かって努力できると思うから、交通死亡事故を減らすだけでなく、交通安全を高めることならどんな提案でも検討する」と語っている。

 NRMAの報告書は、重大交通事故で若いドライバーが占める比率が他の年齢層に比べて高い問題を改善する選択肢を提出している。

 NSW州では、Pプレート・ドライバーは全免許年齢層の8%にしかならないが、州内の道路での死亡事故件数は15%にものぼっている。

 NRMAのティム・トランパー会長は、「若いドライバーは初めての暫定免許を入手してから6か月間がもっとも危険である。その原因として、未熟な運転技術に加えて、危険運転がどれほど凄惨な結果をもたらすかの理解が足りないことがあるのではないか」と述べている。

 NRMAの「Come Home Safe」と題された報告書は、「connected technology」の試験実施で若いドライバーの挙動を評価し、また、現在のログブックの補助とするか、またログブックの代わりになる方法を提唱している。

 これはスマートフォンを使って、ドライバーが自分の運転を記録できるようにするもので、終始運転態度が良ければそれに対して報いるようにするというもの。
■ソース
NRMA calls for free licences and rego for P-platers being safe on the roads

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る