自転車乗りながら携帯電話使い400ドルの罰金

自動車、自転車、電動車いす、馬、すべて違反

 車を運転中に片手で携帯電話を操作したり、通話したりすることが重い罰金の対象になる違法行為だということは誰でも知っている。

 あまり知られていないのは運転中の携帯電話しようが禁止されているのは自動車だけでなく、自転車、電動車いす、馬などもすべて違反になること。WA州のパース市で自転車に乗りながら片手で携帯電話を操作し、通話していたサイクリストが$400の罰金通告を受け取った。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 パース郊外のアーマデール地区で携帯電話でツイターしていた女性が罰金通告を言い渡され、警察はその通告キップをインターネットに掲載している。

 WA州警察交通法規遵守班のマイク・スパークマン警部補は、「2011年改定のWA州法により、乗車中の携帯電話に関する限り、自動車と自転車は同等に扱うことになっている。自転車は路上で危険な目に遭いやすいが、乗車中の携帯電話通話はさらに危険になる。ただし、片手で電話機を耳に当てて片手運転することがない限り自転車乗車中にヘッドフォンでの携帯電話通話は違法ではない。しかし、自転車乗車中に電話で話がしたければ安全なところで自転車を停めて話をすればいい。また、車道から上がっておけばさらに安全だ」と語っている。また、この条文は電動車いすにも適用される。

 ただし、乳母車を押しながらの携帯電話使用は違法ではないとして、「5年か6年前に実際にあった話だが、乳母車を押しながら携帯電話で話していた女性が違反通告を受けたが、署で条文を詳しく調べたところ、乳母車を押しながらの携帯電話使用を禁止している条文がなかった。ただし、歩行者も道路では交通弱者であり、自分の周囲をよく警戒していなければならない」と語っている。

 また、「違反通告を受けた人の反論は、法律で禁止されているとは知らなかったというものだが、道交法は冊子で出版されており、運転免許を取る時はみんな道交法の知識の試験を受けなければならない。交通規則を知り、守ることはすべての道路使用者の義務だ」と語っている。
■ソース
Cyclist hit with $400 fine for talking on mobile phone while riding bike

http://www.abc.net.au/news/2018-07-24/cyclist-cops-fine-for-talking-on-mobile-phone-while-riding/10029122

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る