コールズ、再使用可能プラスチック袋を客に無料配布

消費者の苦情に譲歩、反廃棄物団体から批判

 7月1日から使い捨てショッピング・バッグの無料配布を停止したスーパーマーケット・チェーンのコールズは従来の厚手の再使用可能バッグの他に再使用可能な薄手のプラスチック・バッグを15セントで販売していたが、買い物客の苦情に譲歩し、8月1日から薄手の再使用可能プラスチック・バッグの無料配布を始めると発表した。

 コールズのこの措置に対して、廃棄物削減を提唱する運動団体から、「現在は断固とした廃棄物削減行動が必要な時であり、コールズの動揺は消費者を混乱させるだけ」との批判が出ている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 この団体、Waste Management Associationは、連邦政府が全国統一規制を導入するべきだとしている。

 ウールワースはコールズより1か月早く2018年6月1日からプラスチック製の使い捨てショッピング・バッグの無料配布を停止していた。同時に国内のほとんどの州、準州で使い捨てショッピング・バッグの禁止制度導入を済ませており、禁止制度の導入をしておらず、その計画もないのはNSW州のみになっている。

 コールズが無料配布するのは使い捨ての袋よりやや厚い再使用可能な袋で、QLD、NSW、VIC、WAの各州で配布されることになっている。しかし、SA、TAS、ACT、NTなどでこれまで通り、15セントを支払わなければならない。

 コールズは、「消費者が自分で再使用可能な袋を持参するようになるまでにもう少し時間がかかる」としているが、Waste Management Association of Australiaは、「一貫性の欠如は危険であり、みすぼらしい」と反論している。
■ソース
Coles’ plastic bag ‘flip-flop’ disrespects consumers, waste body says

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る