VIC州音楽フェスティバルで男性2人入院

VIC州東部の「Beyond The Valley」フェス

 VIC州メルボルン市から100km東のラードナーで開かれていた音楽フェスティバルで男性2人が違法薬物過剰服用のためメルボルン市内の病院に運ばれた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 国内各地で開かれているFalls Festival主催者は、「現在国内で出回っているオレンジ色の錠剤は非常に危険」と警告を発している。

 12月31日午前7時頃、VIC州救急隊に「Beyond The Valley」フェスティバル出動要請があり、20代の男性が薬物過剰服用の疑いで手当を受けた後、ロイヤル・メルボルン病院に空輸されたが重体。

 30日にも救急隊は同じフェスティバルに出動しており、やはり20代の男性1人をダンデノン病院に運んでいる。男性は重体だったがその後危機を脱している。

 NSW州ゴスフォード市の西で開かれていた「Lost Paradise」音楽フェスティバルでも、正体不明の薬物の急性中毒で3人が病院に運ばれ、QLD州ブリスベン市のトゥーウォン在住の22歳の男性1人が亡くなり、2人は重体。

 ゴスフォードの事故を受けて、音楽関係者や医療関係者、マイケル・デーリー州労働党党首らが再び「フェスティバルでのピル・テスト実施」を呼びかけているが、グラディス・ベレジクリアン保守連合州政府は、「違法薬物は違法。ピル・テストは薬物を容認するものであり、受け付けられない。厳しく取り締まるのが当政府の方針」と繰り返した。

 Falls Festivalは、TAS州マリオン・ベイ、NSW州バイロン・ベイ、VIC州サーフ・コーストのローンで開かれており、主催者が入場客に向けてテキスト・メッセージを発信し、「現在、国内に出回っているオレンジ色の錠剤はきわめて危険という警告が出されている。違法薬物は潜りの製造施設で造られており、品質に何の保証もなく、たった1錠でも死ぬ可能性がある」と警告している。
■ソース
Beyond The Valley music festival attendees taken to hospital after drug overdoses

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る