タイ当局、サウジ女性を本国送還しないと約束

高官の娘、豪に渡航中にバンコックで足止め

 サウジアラビアの高官の娘がイスラムを棄教したため、家族に殺される可能性もあるとしてオーストラリア政府の難民認定を求めて出国、タイのバンコックで当局者に拘束されていたが、与えられたホテルの一室に籠城し、ABC放送や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)に連絡することで身の安全を確保、タイ当局はオーストラリア政府に対して、「そのサウジ女性の本国送還はしない」と約束した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 女性はラハフ・アルクヌンさん(18)で、サウジ高官の娘とされており、クエートから飛行機に乗り込み、タイのバンコック経由でオーストラリアに渡り、難民認定申請をする予定でオーストラリアのビザと航空券を持っていたが、アルクヌンさんがホテルの一室からABC放送に語ったところによると、サウジ外交官がバンコックの空港で待ち受けており、「ビザを確保してやる」と欺いてパスポートと航空券を取り上げた。

 アルクヌンさんは空港のホテルの一室に立て籠もり、UNHCRと直接話をしたいと要求した。UNHCR職員がアルクヌンさんとの面会を求めるとタイ政府によって阻止された。UNHCRが声明を発表し、「その女性を面会し、国際的な保護が必要かどうかを判断するためにタイ当局とも交渉を続けてきた」と語っている。

 その後、タイ移民局警察が記者会見し、「アルクヌンさんはトラブルから逃れ、私たちの助けを求めてきた。タイは笑顔の国だ。何人も死の可能性があるところに追い返すことはしない。彼女がオーストラリアに行きたいなら、オーストラリア大使館との折衝を引き受けてもいい。ただし、タイにとどまりたいというのなら、当局としては彼女を難民と認定するかどうか、UNHCRと協議しなければならない」と発表した。

 また、アルクヌンさんはオーストラリアを含め、複数の国に助けを求めており、セーラ・ハンソン=ヤング緑の党連邦上院議員らは、オーストラリア政府に対して、アルクヌンさんに緊急の渡航書類を交付するよう求めている。

 ただし、NSW大学の国際難民法専門家、ジェーン・マカダム教授は、オーストラリアがアルクヌンさんにビザを発給したことをもって保護義務が発生したと見なすべきではないが、難民条約を批准しているオーストラリアが条約を批准していないタイに対して、アルクヌンさんの人権を尊重するよう求める道義的責任がある、と語っている。

 サウジアラビアは世界でも有数の女性抑圧社会で、女性は家族の男性メンバーの同伴なしに旅行することを許されていない。
■ソース
Thai officials promise not to deport Saudi woman seeking asylum in Australia

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る