QLD州でもインフルエンザ死者すでに25人

医療関係者は市民に予防接種を呼びかけ

 2019年、QLD州だけでもすでに1万人強がインフルエンザにかかっており、25人が死亡している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 QLD州保健局の発表によれば、2018年の同州のインフルエンザ死者総数は43人であり、今年はすでに昨年1年間の半数を超えていることになる。

 また、医師らには、今年のインフルエンザ死者は4,000人を超えるのではないかと想定する者もいる。

 そのため、州保健局主席医務官、ジャネット・ヤング医師は、州民になるべく早く予防接種を受けるよう呼びかけ、「インフルエンザは深刻なウイルス性の疾患であり、普通のカゼとは違うものだし、統計の数字を見れば併発症の恐ろしさも理解できる」と述べている。

 さらに、「インフルエンザを防ぐには予防接種がベストだ」と語っている。

 特にインフルエンザが重篤になりやすい6ヶ月から5歳までの幼児、妊婦、アボリジニ、トーレス海峡諸島人、65歳以上の高齢者はGPなどで無料で予防接種が受けられる。

 2019年には全国ですでに4万人程度の患者が発生しており、QLD州では10,500人程度、そのうち848人が入院している。

 インフルエンザ流行は病院にも影響しており、保健当局は、「緊急に治療を受けなければならない場合を除き、病院の救急病棟には行かないよう」呼びかけている。

 ■ソース
Flu kills 25 Queenslanders prompting warning to vaccinate

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る