男性、メルボルンの電車から追い出される

チャドルの女性に罵声を浴びせるなど

 差別発言に対して厳しいオーストラリアではバスや電車内で人種差別の罵声を浴びせて有罪判決を受ける人達が報道される。フェアファクス系のメルボルン紙、エージ紙が、電車内でチャドルを着た女性に罵声を浴びせるなどした男が電車から追い出されたと報道している。

 12月16日午前9時前、アップフィールド線の車内で40代の男が他の乗客に罵声を浴びせているとの通報で,警察官がノース・メルボルン駅から同電車に乗り込んだ。罵声の内容については警察でも明らかにしていないが、Fox FM局の報道によると、男はかぶり物を着た女性を狙い撃ちにして罵声を浴びせていた。FMラジオの報道によると、乗り合わせた乗客らが一斉に男を怒鳴りつけ、女性に構うなと命令した。被害者の女性はムスリムやヒンズーの女性が着るチャドルという体と顔の一部を隠す衣類を着けていたとされている。

 鉄道のメトロでは、「急行がノース・メルボルンで臨時停車したためやや遅れが出たがわずかな遅れだった」と発表している。一方、乗客は警察に通報し、運転士にも通報した。警察では、「男を電車から降ろし、事情聴取した後釈放したが捜査を続行し、処分を決める。事件の目撃者はクライム・ストッパーに連絡して欲しい」と呼びかけている。

 マーティン・プレイスの喫茶店立てこもり事件でムスリム市民に対する暴力や嫌がらせ、差別行為が予想される中で起きた事件だが、16日朝からムスリム市民に連帯し、差別行為や差別発言に対抗するソーシャル・メディア・キャンペーンの「#illridewithyou」が立ち上げられ、大勢が参加した上に、悲惨な事件に対するオーストラリア市民の反応として世界中に報じられた。


■ソース
Man kicked off Melbourne train after reportedly abusing woman in chador

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る