パブ男女平等運動家50年ぶりに訪問

QLD、パブのバーに体を鎖で縛って抗議

 今でこそ開放的な国オーストラリアのイメージが定着しているが、歴史的には1960年代まで日中に男が上半身裸で泳ぐことが禁止されており、つい最近まで同性愛が違法とされ、1967年まで先住民族アボリジニは国勢調査で国民と見なされず、水泳プールは白人用と黒人用に分かれていた。また1960年代後半まで、女性がパブで飲酒することも禁止されていた。QLD州でパブに女性2人が入り、バーに鎖で体を縛り付ける抗議行動からパブでの男女平等が始まった。その女性が抗議行動の現場になったブリスベンのトーウォンのレガッタ・ホテルを訪れ、女性だけの記念昼食会を開いた。

 ABC放送〔電子版)が伝えた。

 女性はマール・ソーントンさん。1965年に友人のロザリー・ボグナーさんとともに同ホテルに入っていった。ソーントンさんは、「前日、大臣に会って、女性もパブに入れるよう法律を改めてもらいたいと要請したが大臣は笑っただけだった。そこで抗議行動を考えた。パブではバーテンダーが給仕を拒んだため、2人はバーに体を縛り付け、退去を拒んだ。結局、後にビョルケ・ピーターセン国民党州政権の腐敗を調査するフィツジェラルド調査委員会で有名になる警察官、ジャック・ハーバート氏が通報で駆けつけた。

 ソーントンさんは当時を回顧して、「結局、警察官が、『私は帰る。せいぜい楽しむことだ。まあ、飲み過ぎないように』と言ったから、女性がパブに入っても警察は本気で取り締まるつもりがないという既成事実ができあがった」と語っている。

 今もその抗議行動が、全国的な関心を呼び、QLD州の法改定の引き金となり、オーストラリアでの女性解放運動に大きな転機をもたらしたと見なされている。その抗議行動から50年目の3月27日、ソーントンさんは、自分の名前をいただくことになった、「マールズ・バー」で飲むこともできた。ソーントンさんは、「金を払おうとしたが、店が受け取ろうとしなかった」と語っている。
■ソース
Regatta pub protest: Merle Thornton, who chained herself to the bar, returns 50 years on

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る