アンチ・イスラム・グループ、ABCに抗議

Q&Aのイスラム青年発言に反応

 6月27日、メルボルンのABC放送局前に連合愛国者戦線を名乗る極右国粋主義グループが国旗を掲げて押しかけ、イスラム教とABCの討論番組「Q&A」の内容に抗議した。ABC放送では先週のQ&Aで、保守連合右派のスティーブ・チョボ議員と、過去に情報機関員を殺害脅迫したザキー・マラーとの激烈な口論以来、ルパート・マードック系メディアと保守連合政権がABC放送攻撃を続けており、マーク・スコットABC会長がトニー・アボット首相の批判に対して、「ABCはオーストラリアの報道機関、政府の広報機関ではない」と発言、真正面から受けて立つ構えを続けている。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 同日午後2時頃、同グループの7人がABC放送の玄関前に現れ、国旗を振る他、豚を串で焼くなどしたと伝えられている。グループの1人がメディアに対して、「ABCでは世論がでっち上げられている。民主的ではない。オーストラリア的ではない」と発言している。グループは間もなく立ち去った。

 同グループのフェースブックには、「我々は、左翼謀反の広がりに反対し、イスラムの広がりに反対する」運動と自称している。

 マラーは情報機関員を脅したことを認め、裁判で無罪を言い渡された。また、自分のウエブページで女性蔑視の発言などがあるが、イスラム国に反対する意見をのべており、過去にシリアに渡ったのも実情を自分の眼で確かめたかったからで、テロ・グループには加わっていないと発言している。
■ソース
Anti-Islam group protests outside ABC building over Zaky Mallah’s Q&A appearance

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る