シドニー南西部で女性と乳児の死体

警察、2人を窒息死と判断

 9月21日、シドニー首都圏南西部キャンプシーの民家で女性と乳児が倒れているのを家族が発見、警察と救急隊が駆けつけた時には女性(29)はすでに死亡、乳児(17か月)も病院に運ぶ途中で死亡した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午後2時30分頃、倒れている2人を発見した家族の通報で警察官がフィツロイ・ストリートの民家に出動した。

 マイケル・マクリーン警視正は、「女性は現場で死亡が確認された。救急隊が女児に蘇生術を施したが、セント・ジョージ病院に到着した時にはすでに死亡していた。何人かの警察官が救急車を病院まで運転し、途中でも女児に蘇生術を施したが残念なことに女児は助からなかった。警察官はこのできごとでかなり心理的な傷を負っている」と語っている。

 また、「女性の身元を発表する前に何人かから事情聴取し、また家族に2人の死亡を伝えなければならない。現場には家族と友人が詰めかけており、警察官が聞き取りしている。2人の死因は窒息死と思われる」と発表している。(Ratei)
■ソース
Bodies of woman and infant found in house at Campsie in Sydney’s south-west

http://www.abc.net.au/news/2015-09-21/reports-of-two-bodies-found-in-sydneys-south-west/6792460

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る