ロックスの水面に男性の死体漂着

オーストラリア・デーの翌日、身元不明

 1月27日、シドニーはロックスの外洋航路ターミナル付近の水面に男性の死体が漂っているのを通りがかったボートの乗員が発見した。警察が死体を引き揚げたが身元などは不明。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 同日午前7時前、乗員はトリプル・ゼロにキャンベルズ・コーブ船着き場の近くに死体が漂流していると通報した。間もなく水上警察が船着き場に到着、死体を引き揚げた。

 男性の身元はまだ判明していないが、警察では、しばらく水中にあったようだと発表している。警察は船着き場の一部を立入禁止区域に指定、鑑識課員が船着き場周辺を現場検証した。

 警察では、「検視解剖で死因を調べる」と発表している。

 船着き場はヒクソン・ロードから入ったところで、パーク・ハイアット・シドニー・ホテルの近くにある。普段は通行人や観光客で賑わうところで、前日はオーストラリア・デーとあり、シドニー・ハーバーでも様々な祝賀イベントが行われていた。
■ソース
Body floating in water off The Rocks near Sydney Harbour Bridge

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る