バス運転手、ペトロール浴びせられ、放火され、焼死

通勤時のブリスベンのバス停留所で男が突然の凶行

 10月28日朝の通勤時、ブリスベン市南部の路線バス停留所で突然男(48)が運転手にペトロール(ガソリン)様の液体を浴びせ、放火した。液体は瞬時に燃え上がり、運転手は炎に包まれて焼死、また、乗降口の火災に乗客も逃げられず、通りがかったタクシーの運転手が外から非常口を開き、乗客を救出した。男は現場で逮捕され、事情聴取を受けている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件が起きたのはムールーカ地区で、マンメート・アリシャーさん(29)が、停留所で客を乗せるために停車したところ、乗り込んできた男が凶行に及んだ。他の乗客や周辺の店舗などの目撃者も大勢いたが突然のできごとに恐怖した。

 QLD州警察のジム・キュー警視は、「まったく動機が分からない凶悪な犯罪だが、テロとの関連は見当たらない。職務を果たし、社会に貢献しているバスの運転手がまったく無意味で不必要な犯罪のために命を絶たれた。炎は猛烈で、誰も運転手を助けることはできなかった。男は事情聴取に応じている」と発表している。

 事件時、バスには乗客が6人乗っており、救出された後、軽傷や煙を吸い込んだ不具合などの治療を受けている。

 たまたま事件時にバスの横を歩いていたタクシー・ドライバーのアグエク・ニョクさんがバス後部の非常扉を蹴り開け、乗客を誘導したが、「車内は煙が立ちこめており、入ることなど不可能だった」と語っている。

 キュー警視は、ニョクさんのとっさの行為を賞賛し、「自分の危険も顧みず、乗客の命を救った」と語っている。また、グレアム・クアーク・ブリスベン市長は、「市民は、いつにもましてバス運転手に感謝の気持ちを示して欲しい。市は29日には半旗を掲げ、アリシャー運転手の死を悼む」と語っている。

 アリシャーさんはインドからの移民で、ブリスベンのインド人コミュニティでもよく知られたアマチュア歌手であり、エンターテイナーだった。市と労組は、公共交通機関の運転手にカウンセラーの手配をしている。
■ソース
Bus driver dies after being set alight by passenger in Brisbane’s Moorooka, police say

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る