鉄道駅で女性3人、線路に突き落とされ、負傷する

メルボルン市南東グレンハントリーでナイフ男に襲われ

 11月27日午前11時頃、VIC州メルボルン市南東部の鉄道駅で70代と80代の女性3人がナイフを持った男に襲われ、線路に突き落とされた。被害者3人はいずれも負傷したが、生命に異常はなかった。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件は駅の防犯ビデオに記録されていた。

 警察の発表によると、カーネギー在住のナイフを持った男(46)がその駅でメルボルン行き列車を降りたのが午前11時頃。男は一人の女性が持っていたハンドバッグを刺したがナイフが折れた。その後で女性5人を襲った。

 ジェーソン・ベンチュロニ巡査部長は、「5人の被害者のうち、75歳と81歳の女性を含む4人が線路に突き落とされ、腰骨の骨折、頭部負傷などで病院に運ばれた。また、25歳と36歳の女性2人が軽傷を負った。死者の出る可能性のある重大な犯罪だった」と語っている。

 被害者の1人、ケリー・ワンさんは、「電車はそれほど遠くなかった。男は背が高くて力もあった。私は逃げられたが、もう一人の女性は逃げ切れず、線路に投げ落とされた。男は冷静で一言もしゃべらなかった。狂ったような事件だった。もう、町に行きたくない」と語っている。

 ベンチュロニ巡査部長は、「事件の動機などを捜査しているが、突然の出来事だったようで、90秒以内にすべて終わっている。鉄道駅の事件で、被害者には恐ろしい事件だったと思う」と語っている。
■ソース
Three women seriously injured in Melbourne train station knife attack

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る