VIC州、ロック・ミュージック・フェスティバルで人なだれ

80人が負傷、20人が病院に運ばれる

 VIC州メルボルンの南西、ローンで開かれていたロック・ミュージックのフォールズ・フェスティバルで人なだれが発生、倒れた群衆の下敷きになるなどして80人が負傷、うち20人は、脚、肋骨、骨盤などの骨折、脊椎損傷、頭や顔の負傷などの重傷を負っており、手術のために病院に運ばれた。対応の不手際などでフェスティバル主催者に対する批判が出ている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事故に巻き込まれたフェスティバル観客は、「砂利の急斜面の狭い通路に大勢の人を通せば事故が起きるのも当然」とソーシャル・メディアに書き送っている。

 事故が起きたのは12月30日午後11時前、ステージの一つでロックバンドのDMAの演奏が終わり、観客が一斉に他のステージに向かった時に起きており、警察では、「何人かが足を滑らせたためにパニック状態になり、将棋倒しになった」ものと見ており、VIC州警察、VIC州救急隊、クレーグ・ラプスリー緊急事態管理コミッショナー、Worksafeなどがそれぞれの方面からの捜査を行うことになっている。

 倒れた人垣の下敷きになった女性は、「3分ほど下敷きになっていた。息ができなくてそのうちに気を失った。引きずり出され、顔を何度か叩かれて気がついた」と語っている。

 観客の多くが、「観客の数の割に出入り口が少なかった」など、主催者の計画の不備を批判している。これに対して主催者側は、「各ステージの出入り口を配置換えし、一部のテントを撤去する」などとしている。

 また、「昨夜の事故で重傷者は出ていない。ごく少数の人が動揺しているが、全員安全であり、医療班が待機している」と発表している。しかし、州保健局のポール・ホルマン司令は、「負傷者の数が多く、もっと悪い事態になりかねない事故だった。海外でもこのような事故が起きているが、いずれも死者を出している。今回、死者が出なかったのは非常に幸運だったとしか言いようがない」と語っている。

 さらに、「現場は完全に混乱しきっており、大規模な対応が必要だった。救急隊の迅速な行動と地域病院の協力で負傷者の治療と搬送もうまくいった」と語っている。
■ソース
Falls Festival: Crowd stampede at Lorne leaves up to 80 people injured

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る