9億ドル相当のアイス、床板製品に隠して密輸入

メルボルン市東部で摘発、隠した量は903kg

 オーストラリア連邦警察(AFP)とVIC州警察は、メルボルン市東部で輸入床板製品の間に隠した覚醒剤のアイス903kgを押収した。この押収量は最高記録であり、市場価格にして8億9,800万ドルにもなる。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 警察発表によれば、メチルアンフェタミン、通称アイスの押収量としては過去最大で注射回数で900万回分にもなる。

 この事件で、ブラックバーン在住の男(53)とドンカスター在住の男(36)を逮捕、市販量の違法薬物密売容疑で起訴した。他に男2人と白のニッサン・クーペを探している。

 AFPのニール・ゴーガン副長官は、2月初めに12通の捜索令状を執行した後、1か月の国際的なドラッグ・シンジケート周辺の捜索の後、ヌナワディングの倉庫から押収したと発表している。

 さらに、「床板製品70箱の各1箱につき2kgのメタンフェタミンが床板の間に隠してあった。この摘発は国際的な警察間の情報交換とオーストラリア国内の各機関の協力関係のたまものだ。今回の製品はアジアからの輸入品で、船でメルボルン港に到着し、税関を通して問題の倉庫に運び込まれている。今回のドラッグの隠し方はかなり手が込んでおり、これまでに例がない。AFPとVIC州警察の緊密な協力で900万回分のドラッグを市場から取り除くことができた」と発表している。

 一方、「今回のこの規模の大きさはとりもなおさずオーストラリア国内の違法薬物需要の大きさを物語っている。オーストラリアでは他の国に比べて市場価格がもっとも高く取引されている。また、下水の分析で、オーストラリア国内でもっとも消費量の大きいのがメチルアンフェタミンだということも突き止められている」と発表している。

 VIC州政府のリサ・ネビル警察相は、「VIC州の街頭でのアイスによる死者の数は飲酒運転による死者の数より多い。今回、少しでもその悲劇を防ぐことができた」と語っている。
■ソース
Ice worth $898m found in floorboards shipment by Victoria Police and AFP in record-breaking haul

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る