メルボルン南部郊外地区のアパートで人質事件

警察官突入で容疑者死亡、警察官3人も負傷

 6月5日午後、VIC州メルボルン南部の海岸地区のアパートで人質を取って立て籠もる事件が起き、警察官に発砲しながら飛び出してきた容疑者は警察官に射殺され、警察官3人も射たれて負傷したが、人質の女性は無事解放された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午後4時過ぎ、ベイ・ストリートのサービス付きアパートで爆発音がしたとの通報があり、警察が出動したところ、建物の玄関広間に男性の死体を発見した。

 VIC州警察のアンドリュー・クリスプ副長官は、「その後、さらに女性から電話があり、人質事件が起きているとの通報が入った。そのため、増援と特殊部隊が動員された。午後6時前になって、警察官がアパート周辺を包囲しているところに、内部から男が現れ、警察官に向かって発砲し始めた。そのため、警察官も応酬し、発砲していた男が銃弾を受けて死亡した。男の身元はまだ明らかになっていない。また、男の発砲で警察官3人が負傷した。うち2人は病院に運ばれ、1人は現場で手当を受けた。いずれも命に別状はない」と発表している。

 クリスプ副長官は、「チャネル7に入った電話はイスラム国に言及していたと伝えられており、警察で調査しているが、銃を持った男の電話かどうかはまだ明らかではなく、この事件もテロではないと断言できない」と発表している。

 この事件で周辺が立入禁止になり、爆発音が聞こえたことから周辺の住宅も警察の避難指示が出た。また、周辺道路が通行止めになったことから各所で渋滞になった。
■ソース
Brighton siege: Man shot dead, officers injured after police rescue woman held hostage

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る