シドニー首都圏南西部でスカイダイビング中に2人死亡

タンデムで降下の60代と20代の男性

 7月15日午後、シドニーの南西90km、ピクトン付近でタンデムでスカイダイビング降下した男性60代と20代の男性2人が死亡した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午後2時頃、ウィルトンの住民からトリプル・ゼロ(000)の通報があり、警察とNSW州救急隊が出動したところ、ウィルトン・ロード沿いの敷地の入り口付近に男性2人が倒れていた。2人は現場で死亡が確認された。

 2人は、ピクトンのスカイダイビング・エリアでシドニー・スカイダイバーズの監督でタンデム・ジャンプを行っていた。

 キャムデン地方管区の警察官が現場を「犯罪現場」として設定、事故の検証を進めている。
■ソース
Sydney skydiving deaths: Two men killed during tandem jump near Picton, NSW

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る