キャンベラの超小型モデル・ハウス盗難

QLD州警察、ACTの男を盗品密輸で逮捕

 キャラバンより小さな木造のモデル・ハウスがキャンベラで盗まれたが、まる24時間経たないうちに1400km以上離れたQLD州ハービー・ベイで発見され、24歳のACT在住の男が逮捕されるという椿事が報道されている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 この木造モデル・ハウスは、キャンベラの実業家ジュリー・ブレイさんの所有で価格は2万ドル。9月10日午後8時30分頃、キャンベラ北部ミッチェルの事業所敷地からモデル・ハウスの載ったトレーラーごと消えた。

 ハービー・ベイは、ブリスベンのはるか北方、フレーザー・アイランド対岸の大陸側の土地で、一般市民の通報により、モデル・ハウスの所在が突き止められ、9月13日には容疑者も、「盗品をQLD州に密輸した」容疑で逮捕された。

 ブレイさんは、モデル・ハウスが盗まれたのに気づくとコンピュータでソーシャル・メディアを利用し追跡を始めた。「ちょっとした私立探偵気分。家が無事に発見されたと聞いて初めは信じられなかったけれど、誰かがソーシャル・メディアで連絡してきた。見つかったと知ってほっとしている。早く取り戻したい」と語っている。

 容疑者は保釈金で保釈され、10月5日にハービー・ベイ簡裁に出廷を命じられた。

 一方、QLD州警察は、「この容疑者は、盗難品のことでACT警察も追及している」と発表しており、ACT警察は、「事件の一部始終の捜査を行う。小型のハウスが盗まれるのは毎日あることではない」と語っている。

 一方、ブレイさんは、家をどうやってキャンベラに運ぶかを警察と話し合っており、自分でトレーラーで運ぶことも考えているが、「トレーラーがまだ車両登録していない。犯人は他の車両のプレートを取り付けて移動したらしい。ハウスが盗まれる前にハシゴその他の物が盗まれていた」と語っている。

 ブレイさんはそのモデル・ハウスを10月に開かれるキャンベラ・ホーム&レジャー・ショーで出展する予定で、今回の事件でブレイさんがソーシャル・メディアで探し回った結果、問い合わせが殺到しているとのこと。
■ソース
Canberra man arrested after tiny house stolen from Mitchell found in Queensland

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る