VIC州南西部の砂浜で人間の死体発見される

休暇中のメルボルンの女性が消息を絶った海岸付近

 VIC州メルボルンの南西、サーフ・コーストと呼ばれる地域の海岸で人間の死体が発見された。この海岸は家族と共に休暇に来ていたメルボルン在住の女性が消息を絶った海岸にも近い場所で、「警察は検視解剖を待たなければ正確なことはいえない」としている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 サーフ・コーストは観光道路のグレート・オーシャン・ロードが通過する地域でアングルシーに近い、サーフィンにも人気のあるポイント・ロードナイトで犬を散歩させていた地元住民がバラバラの人間の死体を発見した。

 地元警察の広報担当者は、「この死体が消息不明になっているメルボルン在住のエリザ・カリーさんかどうかは検視解剖が済まないと分からない。また、死因も検視解剖で調べないと分からない」と発表している。

 9月末、カリーさんは家族と共に近くのエアリーズ・インレットに来ていたが、散歩に出かけたまま消息を絶ち、警察や緊急救助機関、ボランティア、水上警察が周辺を捜索したが遂に見つからなかった。

 カリーさんの携帯電話も見つかっていないが、一緒に散歩に出た飼い犬は翌日に付近をさまよっているのを発見された。
■ソース
Human remains found at Anglesea, on Victoria’s Surf Coast, after search for Elisa Curry

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る