ケアンズ南方でスカイダイビングの3人が死亡

空中でぶつかり、パラシュートがからみつく

 10月13日、QLD州北部海岸、ケアンズの南の海岸地区でスカイダイビングの男性2人と女性1人が墜死した。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 3人は、通常の着陸地点から1.5km北にそれたミッション・ビーチ地区のアレグザンダー・ドライブの私有地の芝生に落下した。

 QLD州警察によると、34歳と35歳の男性はスカイダイビング会社に務めるスカイダイビング・インストラクターで、女性(54)は地元在住で、この日は料金を払って客としてダイビングに参加し、インストラクターの男性1人とタンデムで降りたものとみられている。

 ピーター・ウィリアムソン巡査部長は、「まだ捜査中であり、目撃者の証言を求めている。スカイダイビング事故は決して気持ちのいいものではない。恐ろしい光景だし、いくつもの家族が悲しい気持ちをすることになる。これまでの捜査では、ソロ・スカイダイバーとタンデム・スカイダイバーが空中で衝突し、パラシュートが正しく開かなかったと見られる。タンデム・ダイバーとソロ・ダイバーは200mから300m程離れたところに落下した」と語っている。

 また、州救急隊は午後3時過ぎに通報で出動した。最初に一人が庭に倒れているという通報があり、そのすぐ後に2人が倒れているという通報があったと発表している。

 2人の男性の所属するスカイダイビング・オーストラリアは、亡くなった3人を悼む声明を発表し、「ソロ・ダイバーは千回を超えるジャンプの経験者だった。タンデムのインストラクターも経験豊かだった。当局の捜査が済むまでミッション・ビーチでのスカイダイビングは中止する」と述べている。

 ジョン・クレマストス・カソワリー・コースト町長は、「大変な知らせでショックだ。亡くなった人々と家族にも悲しい知らせであり、町議会と町民は事故に遭われた方々とその家族への同情の気持ちを述べたい」と語っている。
■ソース
Three dead in skydiving accident at Mission Beach, south of Cairns

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る