マンリー・フェリーとヨットがシドニー湾で衝突

2人投げ出されたが無事、3人が病院に

 12月16日午後、マンリー・フェリーとヨットがシドニー湾内フォート・デニスン付近で衝突、3人が病院に運び込まれた。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 同日午後2時30分頃、フェリーのMVナラビーンがサーキュラキーからマンリーに向かう途中で14人を載せたヨットと衝突した。

 NSW州警察のトッド・カニンガム警部は、「ヨットの2人が海に投げ出されたが、ヨットの甲板に戻ることができた。複数の救急車とヘリコプターが出動し、3人が現場で手当を受けた後、セント・ビンセント病院に運ばれた。1人は女性で脚を負傷しており、1人は男性で胸の痛みを訴えている。もう1人は児童で脚に切り傷を負っている。」と語った。

 また、フェリーの船長も頭と脚に擦り傷を負っており、もう1人の男性は胸に擦り傷を負っており、現場での手当を受けた。

 現場では水上警察が出動し、双方の船長らの血液で薬物・アルコール検査を行った。この検査は容疑ではなく、水上でも陸上でも人身事故で強制的に行われる。

 カニンガム警部は、「現段階では誰に過失があったのかは不明で、今後の捜査を待つ」と語っている。また、夏が深まる時期、特に週末の水上、特にシドニー湾は昼も夜も混雑が激しいため注意することを呼びかけている。
■ソース
Manly ferry and yacht collide near Fort Denison on Sydney Harbour

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る