連邦警察、シドニー在住の男を逮捕起訴

北朝鮮代理でミサイル部品、石炭を闇市場で売る

 12月17日、連邦警察(AFP)は、シドニー在住の男(59)を、シドニー首都圏北西部のイーストウッド地区で逮捕、起訴した。男の容疑は北朝鮮政府の代理でミサイル部品や石炭をヤミ市場で売りさばいていたとするもので、オーストラリア国内の人物が大量破壊兵器の売却を仲介したり、供給交渉を行ったとして起訴されるのは初めてのできごと。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 AFPは、チャン・ハン・チョイ容疑者が国連とオーストラリア政府の北朝鮮制裁に違反したとしている。同容疑者は北朝鮮政府の経済代理業者として同国の輸出を手伝い、同政府の歳入を生んでいた。

 AFPによると、同容疑者は弾道ミサイル誘導ソフトウエアなどのミサイル部品、北朝鮮の軍備などを海外の政府や組織に売却する仲介を行っていた他、同国の石炭をインドネシアやベトナムの政府または組織に輸送しようともしていた。

 同容疑者はオーストラリアに30年以上居住しており、韓国人の子孫ではあるが、韓国国籍は持っていない。

 AFPのニール・ゴーハン副長官は、「同容疑者の取引が成功していれば北朝鮮政府に何千万ドルという収入になっていたはず。ただし、インドネシア、ベトナムの政府部内者が不正に関わっていた証拠はない。これは闇市場であり、本来、手に入らないような商品を売買して荒稼ぎするところだ。この容疑者も北朝鮮の忠実なエージェントであり、崇高な愛国的行為をしていると信じていた。北朝鮮政府に金を稼がせるためならどんなものでも売ったことだろう」と語っている。

 また、「武器、ミサイル部品がオーストラリア国内に入ってきたことはなく、オーストラリア社会に危険があったわけでもない。チャン容疑者は、海外の司法機関から情報が入った2017年初め以来常に監視下にあった」と発表している。
■ソース
AFP charges Sydney man for allegedly acting as economic agent for North Korea

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る