QLD州のPプレート・ドライバーに罰金$1,177

法定速度110km/hの区間を215km/hで暴走

 QLD州警察は、タウンズビル西のフリンダース・ハイウェイを制限速度を100km/h上回る速度で暴走したPプレート・ドライバーの現場ビデオを発表した。警察は、このクリスマス・シーズン最悪の交通違反行為の一つだと語っている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 20歳のPプレート・ドライバーは12月28日、フリンダース・ハイウェイのトレンス・クリークでこの交通違反を犯した。警察は、ホールデン・コモドアを運転していたドライバーにこの罰金を言い渡した他、違反点数8点と自動的に免停6か月の処分が加わる。

 違反通告を渡した警察官は、「正直、あっけに取られている。警察職で大勢の違反者に通告を渡してきたが、こんな違反をした者は見たことがない」と語っている。

 ビデオはQLD州警察フェースブックに掲載されて、すでに32万回の閲覧を記録している。また、コメントも3,500件寄せられており、かなりのものが厳罰を求めている。

 警察では、クリスマス・シーズンの最初の7日間で21,000件の速度違反を摘発したと語っている。
■ソース
Queensland P-plater fined $1,177 after allegedly driving 215kph in 110kph zone

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る