QLD州のショッピング・センター駐車場に爆発物

イプスイッチの町で車内から発見、男女2人逮捕

 4月2日朝、QLD州南東部イプスイッチの町のショッピング・センター駐車場に停めてあった車から手製の爆発物が発見された。警察が起爆装置を解体し、さらに男女2人を逮捕したと伝えられている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 現場はレッドバンク・プラザ・ショッピング・センターの駐車場で、手製爆発物は人に重傷を負わせるのに十分な威力と伝えられている。

 イプスイッチ市役所の職員がCCTVのビデオをチェックしていて爆発物を発見したもので、爆発物処理班が出動し、車の周囲100mを立ち入り禁止区域にした上で解体作業が行われた。

 ギャレス・ジェームズ巡査長は、「爆発装置は段ボール箱に隠してあった。現段階では、装置はかなり大きなガラス瓶で中に爆薬が詰められていた。肥料爆薬ではなく、爆発性の液体が入っており、その他にもごく少数の部品が見つかったが詳細はここでは触れない」と発表している。

 また、雷管がついていたのかとの記者の質問に対して、「ここではまだ触れる段階ではない」と答えているが、「火炎瓶よりは複雑な装置だ」と認めている。

 事件時に問題の車に乗っていた男女2人が逮捕され、4月3日の朝にはイプスイッチ簡裁に出廷することになっている。警察では、問題の車は盗まれたかまたは非合法な方法で入手したものと見られる。

 4月4日にはゴールド・コーストでコモンウェルス・ゲームが開催される予定になっており、警察は重警戒状態が続いている。
■ソース
Explosive device ‘capable of causing serious injury’ found in Ipswich shopping centre carpark

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る