児童性虐待マテリアル流していた20人逮捕

乳児や暴力、拷問などの映像・画像押収

 VIC州で児童性虐待マテリアルを流していたグループを摘発、コンピュータや記憶装置を押収し、20人を逮捕。逮捕者の中には教師や児童の親も混じっており、警察は、「マテリアルはゾッとするような内容」と発表している。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 家宅捜索で逮捕された20人はインターネットで児童性虐待マテリアルを流していたグループで、13人が児童搾取マテリアル所持、児童搾取マテリアル配布、薬物関係違反などで起訴された。

 VIC州警察のシェーン・パットン副長官は、「押収したマテリアルはゾッとするような内容であり、搾取された児童はいずれも海外在住と思われる。また、そのうちの何人かはこれまでの摘発で救出されている。児童が性的に挑発的なポーズを取らされている画像や暴力を受けている画像もある。また、屈辱的な行為を強いられている画像もある。また、拷問の画像もある。このようなマテリアルを見たり、作ったり、配布したりすることはおぞましく、忌まわしい行為だ」と語っている。

 逮捕された20人のうち、3人は今後起訴される見込みで、4人は処分保留のまま釈放された。

 パットン副長官は、「起訴された1人は学校教師だ」と発表しており、その教師が勤めていたダンデノンのセント・ジョンズ・リジョナル・カレッジのティム・ホーガン校長は、先週に警察から容疑を聞かされると直ちに同教師を停職処分にしていた。

 また、「今回の逮捕で、他の違反行為者もいずれ逮捕される時が来ることに気づいたと思う。毎月、何百人ものVIC州民が何百万という数の児童性虐待マテリアルを交換し合っていることに気づけばなんとおぞましいことと思うに違いない。メルボルン郊外の自宅でこのようなマテリアルを眺めている人々は自分は安全だと思っているかも知れないが、警察が必ず突き止めることを忘れないよう」と語っている。
■ソース
Twenty men arrested over child abuse material featuring babies and violence: Victoria Police

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る