QLD州警察、モグリのカジノを急襲、21人逮捕

ブリスベンのアパートの一室で闇賭博

 QLD州警察は、モグリのカジノが開かれている疑いでブリスベン・インナー・シティのアパートを急襲、21人を逮捕した。

 6月2日付ABC放送(電子版)が伝えた。

 逮捕者はまだ起訴されていないが、違法賭博の胴元の場合、罰則は最高3年の懲役刑がある。また州警察は、「違法賭博が疑われるような動きに気づいた人は警察に通報してもらいたい」と呼びかけている。

 6月1日夜、重大組織犯罪捜査班の捜査官はウェスト・エンドのアパートを急襲し、捜査令状を執行した。その結果、現金、賭博設備、ポーカー・チップ、電話機などを押収した。

 ジョン・ルール巡査長は、「市民から警察に通報があった。違法賭博容疑で州犯罪捜査部が直接介入してくるのはめったにないことだ。今回家宅捜索を受けたアパートには立派なポーカー・テーブル、チップなどが備えられており、かなりの金をかけて本格的にカジノをやっていたようだ。賭博客は警察官の姿に驚いていた」と発表している。

 現場で38歳の男が少量のコカインを所持しているのが見つかり、後日の出廷を命じられた。

 ルール巡査長は、「賭博には巨額の現金がからんでおり、カジノが犯罪組織と関係があるのではないかと見て調べている。犯罪組織はマネー・ロンダリングの手段を捜しているものだし、賭博はもっとも手頃で、犯罪組織が好んで使うマネー・ロンダリングの手段だ。このアパートには人も住んでいるが、アパートの第一の目的はカジノを開くことだったようだ」と発表している。

 さらに、「このカジノがどれくらいの期間営業していたのか分からないが、他にもこのようなカジノがあるのではないか。心当たりがあれば警察に届けて欲しい」と語っている。
■ソース
Police detain 21 in raid on suspected illegal casino in Brisbane apartment

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る