中国系女性失踪事件でティーンエージャーの男を逮捕

キャンプシーの女性、6月8日夜から所在不明

 6月8日以来シドニー南西部の自宅から失踪している女性の行方を捜査していたNSW州警察は6月12日に十代の男を殺人容疑者として逮捕した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 被害者のチー・ユーさん(28)は6月8日午後7時15分頃中国の家族と電話で話しており、それ以降の所在が分からなくなっている。

 6月9日午前9時頃に失踪届が出され、午後8時30分、キャンプシー警察署員が、チーさんの自宅から4kmほど離れたバーウッドのリンゼー・ストリートでチーさんの白のカローラを発見した。

 6月11日にはNSW州警察殺人課捜査員もチーさん失踪事件捜査に加わった。

 その後、病院で19歳の男に事情聴取し、男の退院と同時に逮捕、キャンプシー警察署に連行、チーさん殺害容疑で起訴した。男は保釈を拒否され、13日にはバーウッド地裁に出廷した。

 警察ではまだチーさんの遺体を発見しておらず、事件に関する情報を持っている市民に警察に協力するよう呼びかけている。

 チーさんの隣人らは、「誠実で物静かな素敵な女性だった」「生きて見つかることを祈っている」などと語っている。
■ソース
Man charged with murder over missing Campsie woman Qi Yu

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る