男性、はしごで足を滑らせ、30cmの釘、頭に打ち込む

釘2本頭に刺さったままでブリスベンに空輸

 8月16日、QLD州のフレーザー島対岸のハービー・ベイで仕事をしていた男性がはしごで足を滑らせ、持っていたネイル・ガンで長さ30cmの釘2本を自分の頭に打ち込むという事故があった。

 男性は頭に2本釘を刺したまま意識もはっきりしており、ブリスベンの病院に空輸された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事故当時、男性はワイド・ベイ地区の工事現場屋内ではしごの上でネイル・ガンを使って仕事をしている際にこの事故に遭ったもの。

 男性はハービー・ベイ病院で処置を受けた後、RACQライフフライト・レスキュー・ヘリコプターでロイヤル・ブリスベン&婦人病院に運ばれた。

 RACQライフフライトの発表によると、同日午後8時頃にブリスベンに空輸された男性は意識もはっきりしており、容体も安定している。
■ソース
Man accidently shoots two 30cm nails into his skull after slipping off ladder

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る