アングリー・アンダーソンの息子、襲われ死亡

親子二代のミュージシャン

 11月4日、シドニー湾の北岸、マンリーの北の地区でアングリー・アンダーソンさんの息子、リアムさん(26)が襲われ病院に運ばれる途中で死亡した。

 ギャリー「アングリー」アンダーソンさんはロック・グループのローズ・タトゥーのリード・ボーカルを務めていた。リアムさんもヒップ・ホップやインディに熱心なミュージシャンで、キングス・クロスの有名な店でランフォード・ビグスビーの芸名で仕事をしていた。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件は同日朝早く、クイーンズクリフのパビリオン・ストリートの公園で、リアムさんともう一人の男(20)との間でケンカが起き、通報で警察や救急隊が駆けつけ、リアムさんを蘇生させようとしたが病院に運ばれる途中で死亡した。

 ケンカの相手は現場で逮捕され、マンリー警察署で事情聴取を受けている。

 ミュージシャンのマネージメントの報道担当者は、「事件の一切はNSW州警察が処理している。家族は現段階ではコメントを控えたい。また、マネージメントも現段階でコメントする立場にはない」と発表している。

 州警察のマイケル・ブートリディス警部補は、「警察官が現場に駆けつけた時はかなり血みどろの惨状だった。現在収監している男は非常に凶暴で押さえつけて逮捕するのに警察官数人がかりだった。その結果OCスプレーを使い、かなりの力が必要だった」と語っている。

 また、「被害者と加害者は面識があるようだった。また、争いの原因などについても不明であり、警察では目撃者の証言を求めている」と発表している。
■ソース
Angry Anderson’s son Liam dies after alleged assault on Sydney’s northern beaches

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る