ダンス・スタジオで7歳の少女が性的暴行受ける

助けに入った男性も暴行犯に刺される

 11月15日午後8時頃、シドニー南部コガラのダンス・スタジオの手洗いで7歳の少女が男(54)に性的暴行を受けた。さらに、犯人は助けに入った男性(46)と取っ組み合いになり、男性の胸などを刺した。男性は救急隊の手当を受けて病院に運ばれ、また犯人も通報で出動した警察に逮捕され、軽傷を負っているため病院に運ばれ、警察の監視下にある。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 警察発表によると、刺された男性は、少女の姿が見えなくなったことで不審を感じ、助けに入って難に遭った。

 また、男性は腹部と首筋を刺されているが、さらに助けが駆けつけて救われており、男も取り押さえられた。

 取っ組み合いの際に容疑者の男も顔に擦り傷を負うなどしており、セント・ジョージ病院に運ばれ、警察の監視を受けている。

 刺された男性はパニック状態になっていたが、助けに駆けつけた人々に手洗いと少女のことを訴えていたと伝えられている。救急隊到着で傷口を縫うなどの手当を受け、セント・ジョージ病院を退院した。

 ジュリアン・グリフィス警視は、「男はダンス・スタジオとは無関係で、行きずりに建物に入り込み犯行に及んだものと見られている。けがの状態から来週初めまで事情聴取はできないと思う。刺された男性は、少女の姿が見えないことから、他の人々と一緒に助けに入って被害にあったもの」と語っており、刺された男性が少女を救おうとしたことを称賛している。
 ■ソース
‘Good Samaritan’ stabbed trying to save 7yo from sexual assault in Kogarah dance studio toilet

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る