QLD州中部海岸地域でブッシュファイア発生

ディープウォータ、バッフル・クリークに即時避難警報

 11月25日、QLD州サンシャイン・コーストの北、バンダバーグとグラッドストーンの中間、ディープウォーター、バッフル・クリーク付近でブッシュファイアが発生、両地区の住民800人に即時避難警報が出された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 また、危険で予想のつかない動きをするブッシュファイアが両地域に向かって移動していると発表されている。

 また、消防局員と警察官が両地区の住宅を1軒ずつ戸別訪問して住民に緊急の危険を警告している。

 火災は50kmの長さに延びており、すでに住宅が1軒全焼している。また、鎮火までに何日かかかる見込みになっている。

 QLD州政府のアナスタシア・パラシェイ州首相は、ブリスベンのQLD州緊急事態管理センターから、「火災の規模が大きいため困難を来している。火災は9,000ヘクタールに広がっており、炎は10mから12mの高さに届いている。このような火災はQLD州では非常にまれなことだが、まだ峠も越していない。今後何日間かはこのような事態が続くと予想しなければならない。地域住民は互いに心を配り合い、直ちに避難していただきたい」と語っている。

 QLD州消防緊急救援局のアンドリュー・スタージャス消防司令は、「この火災はどんな意味でも月並みとはいえない。この火災も気象状態もどちらも非常にまれなできごとだ。この極端な気象条件で火災が発生している」と発表している。

 また、今夜10時頃まで強い北の風が吹き荒れ、火災が両地区に迫ることが予想される。風がおさまっても火災はおさまらず、一晩中燃え続け、26日になればさらに火災が広がると予想される」と警告している。

 消防車40台以上、消防士も100人以上、消防航空機が6機、消火に当たっている。

 また、ミリアム・ベール・コミュニティ・センターに避難センターが設立された。
■ソース
Queensland bushfire sparks warning for people in Deepwater and Baffle Creek to ‘evacuate immediately’

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る