QLD州、ブリスベン市内で銃携帯の2人組立て籠もる

道路封鎖して警察の説得5時間、無事投降逮捕

 12月3日、QLD州ブリスベン市の住宅街で銃を持った男2人組が立て籠もるという事件が起きた。警察は周辺道路を封鎖して2人組の説得にあたり、5時間後に2人は説得に応じて投降、無事逮捕された。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午前11時頃、特別緊急出動班(SERT)が数件の犯罪捜査のためオーケンフラワー地区のチェイスリー・アパートメント・ホテルの1戸に入ろうとしたところ、室内から発砲を受けた。

 さらに室内にいた33歳と29歳の2人の男がバリケードを築き、同室内に立て籠もった。

 QLD州警察のトニー・リッジ警部補は、「ホテルの他の住人には危険はないため、住人の避難はしなかった。また、SERT警察官はホテル内に陣取り、応援の警察官が建物周辺の非常線や道路封鎖を行った。室内からの発砲は一発だけで人身に被害はなかった。2人はその部屋を一晩借りただけだった」と発表している。

 この事件のため、付近のコロネーション・ドライブが全車線通行止めになり、また、バスの他、ブリスベン川のフェリーの運行も一時停止されるなどの支障が出た。

 警察の5時間に及ぶ説得の結果、2人は抵抗せずに投降し、現場で逮捕された。また、警察は室内から複数の銃砲を押収している。

 この事件で起きた周辺道路の渋滞を緩和するため、ブリスベン市はレガシー・ウェイの通行料金を午後7時まで無料とする措置を発表した。
■ソース
Auchenflower gunmen surrender to police, Brisbane’s Coronation Drive reopens

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る