シドニーで4人組の犯罪集団暴れ回る

2人逮捕、2人は依然逃亡中

 3月9日、シドニー都市圏南西部で複数の家宅侵入、カージャック、ハイスピード・チェースの末の衝突事故が発生、2人は逮捕されたが、他の2人は依然逃亡中。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午前7時、フェアフィールド市の民家に目出し帽を着けた4人組が忍び込み、通報で警察の大規模な捜索が始まった。

 グレッグ・テトリー警部は、「2人は依然逃走中」として、「この4人組の行動は非常に危険であり、高速道路でも民家でも人命を危険にさらしている」と語っている。

 また、「1軒の民家では女性1人が、さらに離れに住んでいる男性が鉄棒で暴行を受けている。被害者2人は病院で手当を受けている」と発表している。

 さらに「4人組は白のメルセデス・ベンツで逃走、午前8時45分に2軒目の人家に押し入っている。4人組の2人は銃を持っており、2軒目の人家で住人とにらみ合いになった時に1発が発射されているが、死傷者は出ていない。その後、M5自動車道のムアバンク地区で時速200kmで疾走するメルセデス・ベンツが目撃されている。しかし、ベンツはムアバンク・アベニュー出口付近で他の車と衝突、炎上している」と語っている。

 事故のベンツに乗っていた4人は車から逃れて徒歩で逃走した。その後、しばらくして、4人組の2人がグレーのニッサン・ナバロ4WDを襲って奪い、乗り逃げした。この車はしばらく後にムアバンクのサービス・ステーションに乗り捨てられていた。

 2人はさらに黄色のホールデン・コモドア、ナンバープレートDAN-359をカージャックしており、依然逃亡中と伝えられている。

 警察では、「この2人は凶器を携えていると見られ、危険なため、同コモドアを目撃しても近寄らず、トリプル・ゼロ(000)に通報するよう」呼びかけが出ている。

 その後、1人はプレストンズ地区グレビリア・クレセントの民家の屋根で発見され、病院に運ばれたが詳細は不明。もう1人はカラジョン・ロードの小学校で見つかり、逮捕されている。
■ソース
Two men arrested, two armed men on the run after Sydney crime rampage

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る