メルボルンのナイトクラブ前でガードマン死亡、3人重体

プラーンのナイトクラブ前を走りすぎる車から銃撃

 4月14日未明、メルボルン市内南東部プラーン地区で、ナイトクラブの前に立っていたガードマンや客に向けて走ってきた車から銃撃があり、4人が銃弾を受け、そのうちナイトクラブのガードマン1人が死亡した。また、他の3人は病院に運ばれ、手当を受けている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 同日午前3時10分頃、リトル・チャペル・ストリートとマルバーン・ロードの角にあるナイトクラブ「ラブ・マシン」の前に立っていたガードマン3人と、ナイトクラブに入るために順番を待っていた客1人が銃弾を受けており、負傷者の1人も危篤状態。

 同ナイトクラブの警備員を務めていたナレ・ウォレン・サウス在住の37歳の男性は病院で死亡、28歳の男性は危篤状態。また、50歳の男性と29歳の男性は命に別状はないと伝えられている。

 捜査に当たっているアンドリュー・スタンパー警部は「殺人課の捜査員の得た情報として、事件後、男性1人が血を流しながら現場からチャペル・ストリート方面に走り去っている。この男性が4人の被害者の1人なのか、それとも他にも負傷した人物がいるのかまだ不明だ。4人の負傷は近距離からの銃弾によるものでひどいありさまだ」と発表している。

 また、ポルシェの黒のSUVが現場から走り去るのが目撃されており、後にメルボルン北部のウォラート地区で全焼して見つかっており、警察は事件との関係を調べている。

 VIC州警察の鑑識課が日の出後も事件周辺区域を現場検証している。
■ソース
Melbourne shooting outside Prahran nightclub Love Machine leaves one man dead

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る