ダーウィン市のホテルで発砲、4人または5人死亡

火曜日午後、容疑者(45)は逮捕

 6月4日午後5時頃、北部準州(NT)のダーウィン市都心部で発砲事件があり、4人または5人が死亡した。容疑者(45)はすでに逮捕されている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 事件が起きたのはダーウィン市のダーウィン国際空港に隣接するウールナー地区で、目撃者の話によると、容疑者がポンプアクション散弾銃を抱えてパームズ・ホテルに入り、客室のドアに向けて発砲した。容疑者はそのまま逃走、1時間ほどは行方がつかめず、市内一帯で通行検問が行われた。

 また、NT保健局によると、他にも2人の被害者がロイヤル・ダーウィン病院に入院しており、容体は安定している。

 さらに、都心に近いガーデンズ・ヒル・クレセントでも男性1人が頭を射たれたと住民が証言しているが、当局の確認はない。

 また、他の報道では、容疑者がダーウィン都心部で20発ほどを乱射しており、負傷者が出ているとしている。

 目撃者によると、パームズ・ホテルでは女性が脚を射たれ、救急車で運ばれた。容疑者は散弾銃を抱えたままフィニス・ストリートをザ・ガーデンズに向けて走っていった。被害女性のボーイフレンドが、「容疑者の男がホテルの部屋の2人がいた部屋に来て、ボーイフレンドがドアを開けたところに容疑者が発砲し、女性が射たれた」と話している。

 また、他の目撃者は、男がトヨタのピックアップ・トラックで走り去ったとしている。

 目撃者は、「容疑者が走り去った後でホテルに入り、男性一人が倒れているのを見つけ、運び出した。そこに女性が現れて叫び声を上げ始めた。そこで初めて、もう一人男性が射たれて死んでいるのに気づいた」と証言している。

 それ以降の詳細はまだ報道されていない。
■ソース
Up to five people killed in Darwin city shooting, gunman arrested by NT Police

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る