NSW州警部の息子がカナダで死亡、警察捜査に

米人ガールフレンドと国道脇で発見される

 NSW州警察警部の息子がカナダのアラスカ・ハイウェイ脇で米人ガールフレンドと共に死体で発見された。カナダ警察当局は不審死と見て捜査を始めている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 亡くなったのはルーカス・ファウラーさんで、スティーブン・ファウラー警部の息子。また、同じ場所で死体で発見されたのはチャイナ・ディーズさん。

 ファウラーさんとディースさんは一緒にカナダを旅行中で、7月15日に不審死と見られる状況で死体が発見された。

 7月19日、ファウラーさんの家族が声明を発表し、カナダに飛び、ルーカスさんの遺体をオーストラリアに引き取る手続きをするとして、「ルーカスはまだ若く、活動的で世界旅行をして、人生を謳歌していた。そのような恐ろしい状況で身内を失ったことに私達は衝撃を受けている。また、ノース・キャロライナ州シャーロット出身のきれいなガールフレンド、チャイナ・ディーズも同じ暴力的な状況で命を落としており、チャイナの家族や友人に深い哀悼の気持ちを伝えたい」と述べている。

 「また、二人とどこかで出会った人達には二人のことを憶えていていただきたい」としている。

 また、チャイナさんの兄弟、ケネディ・ディーズさんもフェースブックで、2人がカナダを旅行中に殺人事件の被害者になったと述べている。

 カナダ警察当局の発表によると、2人の死体は、ブリティッシュ・コロンビア州リアード・ホット・スプリングズから20km南のハイウェイ沿いでカナダ騎馬警察の北部ロッキー管区警察官が発見している。また、アルバータ州ナンバーの青のミニバンが現場に残されており、7月14日午後4時頃から15日午前8時頃までの間に現場を通りかかった市民にはダッシュカムに何か写っている可能性があることから警察への通報を呼びかけている。

 豪外務省は家族に療治援助を提供しており、NSW州警察も殺人課刑事2人を家族やカナダ警察当局との交渉に当たらせている。
■ソース
Son of NSW Police Chief Inspector found dead on a highway in Canada

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る