豪青年米女性カナダ人殺害容疑者2人逃走中

ブリティッシュ・コロンビアから捜査線かいくぐり東部に

 カナダのブリティッシュ・コロンビア州アラスカ・ハイウェイでオーストラリア人の青年とアメリカ人のガールフレンドを射殺、さらにバンクーバーの男性1人を殺害した容疑のティーンネージャ2人はその後マニトバ州の湖水地域で目撃され、大量の警察官に加えてカナダ軍兵士とヘリコプターも出動、捜索を続けている。

 さらに、8月3日のABC放送(電子版)は、容疑者らしい2人組がオンタリオ州で目撃され、捜査対象もオンタリオ州に広がったと報道している。

 一方、8月2日には殺害されたシドニー出身の男性、ルーカス・ファウラーさん(23)の葬儀がシドニー都市圏北西部タラマラのユナイティング・チャーチで行われ、家族友人ら百人を超える人が参列した。

 ルーカスさんの父親はNSW州警察のスティーブン・ファウラー警部で、葬儀には州警察のマーク・ジョーンズ副長官、州政府のデビッド・エリオット警察相も参列した。父親のファウラー警部は、ルーカスさんの生前をしのぶと共に、一緒に殺害されたノース・カロライナ州出身のガール・フレンド、チャイナ・ディーズ(24)との仲を「悲劇的なロマンス」と語った。

 2人を殺害した容疑者、カム・マクラウド(19)とブライアー・シュメジェルスキー(18)は、2人を殺害した4日後にカナダ人のレナード・ディック氏も殺害したとみられている。

 その後、3000kmほど東のハドソン湾に近いマニトバ州ギラムの村で2人に似た人物が目撃されており、周辺の森林や水路を大量の警察官や軍隊を投入して捜索が続けられている。

 その後、ギラムから200km西でも容疑者らしい2人組が目撃されているが、ソーシャル・メディアで流される目撃報告が混乱を招いており、警察が「目撃者は直接警察に通報してもらいたい」と呼びかける始末になっている。

 オンタリオ州の目撃通報は8時間の間に30件を超えており、その地域も捜索対象に入れられているが、目撃されたというカプスカシンはギラムから2,360km離れており、事件現場からすでに5,000kmと捜査線をかいくぐって移動していることになり、しかもギラム以来確実な目撃報告もないことから、既に2人はギラム周辺のウィルダネスで死んでいるのではないかという説も出ている。
■ソース
Canada manhunt for murder suspects Kam McLeod and Bryer Schmegelsky moves to Ontario

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る