「勉強しておいたおかげで命拾い」と飛行訓練生

初訓練中に教官が意識不明、管制塔が操縦指示

 パースの住民、マックス・シルベスターさん(29)は軽飛行機操縦の免許を取るために飛行機訓練に参加したが初日の訓練飛行中に教官が意識不明になった。しかし、操縦訓練を受ける前に2回他の機種に乗り、教わったことを家で復習していたことが役に立ち、管制塔の指示に従って無事に着陸した。

 シルベスターさんは、「まるで映画の中のような話」と語っている。

 ABC放送(電子版)が伝えた。

 シルベスターさんと教官が2人乗りのセスナ機で離陸して間もなく、教官が意識不明に陥ったため、妻子の見上げる中を沈着冷静に管制塔の指示で操縦を続け、無事着陸することができた。

 8月31日午後、離陸後1時間ほどしてシルベスターさんから管制塔に連絡が入り、教官が意識不明になったと告げている。

 その後は、「アドレナリンに任せ、必死になって飛び続けた」と語り、「家での復習が役に立った。パイロット訓練生がやるべきことをやっただけだが、もし、2回のレッスンで学んだことを家で読み返してなければ無事ではいられなかっただろう」と語っている。

 シルベスターさんからの連絡が入って以後、管制塔はシルベスターさんを落ち着かせるように話しかけ、緊急着陸の手順を沈着冷静に指導した。管制官が、「飛行機の操縦法を知っているか?」と尋ねると、シルベスターさんは、「これが初めてのレッスンなんだ」と答えている。

 また、シルベスターさんは、「教官の意識を取り戻させようとしたけれど反応がない」と伝えている。そのため、管制官は、シルベスターさんを飛行機の着陸に専念させ、「そうだ、その調子だ」と自信を持たせている。

 1時間ほどの飛行の後、シルベスターさんは無事に滑走路に着陸し、教官は病院に運ばれた。ロバート・モラード教官は、シルベスターさんを「私の一番優秀な生徒だ」と称賛している。
■ソース
Emergency landing pilot Max Sylvester says ‘study’ saved his life after instructor collapsed

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る