道路一部が閉鎖、人質事件の影響で

マーティン・プレイス周辺は一部通行止め

 15日午前10時ごろ、シドニー中心部マーティン・プレイスの「リンツ・ショコラ・カフェ」に銃を持った男が、従業員と複数の客を人質に取って立てこもった事件で、現場周辺の道路が一部通行止めになるなど、交通に影響が出ている。シドニー・モーニング・ヘラルド(電子版)が伝えた。

 午後7時現在、シティ・レールのイースタン・イラワラ線は運転を再開した。しかし、事件現場のマーティン・プレイス駅には止まらず、駅は閉鎖されている。また、現場近くのキャッスルリー・ストリートからマッコーリー・ストリート間は通行止めになっている。

 交通管理センター(TMC)によると、ハーバー・ブリッジは閉鎖されていないが、ヨーク・ストリート、ハーバー・ストリート、ケーヒル(Cahill)・エクスプレスウエイからハーバー・ブリッジに入る地点で通行止めになっている。また、市街地から北へ向かうケーヒル・エクスプレスウエイに入る地点が閉鎖されており、ハーバー・トンネルへの迂回措置が取られている。

 一方、北部から市内に向かうバスがノース・シドニー止まりで、バス乗車券で鉄道に振り替え乗車が可能。また、南西エリアからアンザック・ブリッジを渡るバス路線はクイーン・ビクトリア・ビルディング止まり。東部、南部からの路線バスはそれぞれセントラル駅止まりになっている。

 今回の事件に関し、シドニー空港の広報担当者は、「空の便に影響はなく国内線・国際線ともに通常通りの運航が行われている」とコメントしている。

 

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る