ケアンズ、母親を8人殺害容疑で逮捕

2歳から14歳まで男女児童刺し殺す

 QLD州ケアンズのマヌーラ地区の住宅で未成年8人が刺殺死体で発見された事件は胸などに刺し傷を負って発見された事件では、翌日の20日、病院で警察の警護下にあった母親が逮捕された。

 ブルーノ・アスニカー警部は、「胸と首に刺し傷を負って発見された母親、マーセーン・ワリア(37)は、8人のうち7人の子供の母親だ。今は眼が覚めており、警察の事情聴取に応じている。被害者は14、12、11、2歳の女子と9、8、6、5歳の男子でいずれも刺されている」と発表している。

 また、QLD州警察のポール・テイラー副長官代理は、「すべてが整い次第適切な時に逮捕容疑を固める。8人の子供は5人の父親の子供で、5人全員に通知した。鑑識課が一晩かけて検証し、遺体はすべて安置所に移した。今日は検視官と病理検査医が家族の協力を得て検視を行うことになっている」と発表した。

 また、副長官代理は、「事件のあった家族が社会福祉省からしばしば訪問を受けていたという風聞は正しくない。単なる憶測だ。事件のあった家族はこれまで何の問題も起こしていない。ごく普通の人々が生活している地区だ。みんなが驚いている状況だ」と述べている。

 また、ティム・ニコルズQLD州首相代理は、「家族はトーレス海峡諸島やケープ・ヨークのコミュニティの人々と姻戚関係があった。関係者にはカウンセリングなどのサービスを行う」と語っている。

 QLD州警察のラッセル・ミラー警視代理は、「住宅内でナイフを含めた凶器をいくつか発見した。子供7人は兄弟姉妹で、1人は逮捕された母親の姪だった。事件のあった住宅は今後数日現場検証のため立入禁止が続く」と発表している。また、リレーションシップス・オーストラリアが現場付近に仮設事務所を置き、「この事件でショックを受けている人は誰でも相談に来てもらいたい」と呼びかけている。(Ratei)
■ソース
Cairns stabbing: Mother arrested for murder after eight children found dead in Manoora home

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る