クロヌラで大乱闘、6人逮捕

警察官も1人負傷

 かつて、中東系若者の不良行為から白人若者の暴動に発展したいわゆるクロヌラ人種暴動のクロヌラで20人ほどが大乱闘になり、出動した警官隊の女性警官が負傷した。この乱闘で6人が逮捕された。

 シドニーの南にあるクロヌラは海水浴場として人気があるが、暴動以後しばらくは人が減り、「騒いだのは外部の若者達だが、被害は私達が受けている」と地元商店が苦境を訴えていた。その後、徐々に中東系の家族連れも訪れるようになっていた。

 ABC放送の報道によれば、1月7日午後8時30分頃、クロヌラ・プラザでケンカが起きているという通報に警察官と警察犬班が出動した。しかし、乱闘を鎮めるために催涙スプレーを使わなければならない事態で、ケンカを止めようとした女性警官が襲われて顔に負傷、セント・ジョージ病院で手当てを受けた。

 逮捕者は男1人を除いてすべてティーンネージャで、女性警官に負傷させた14歳の少女が「暴行致傷、不快感を与える言葉、逮捕抵抗、公務執行妨害」など4人の中で最悪の容疑で起訴された。また、14歳の少年が、「乱闘、警察官に対する暴行、公務執行妨害」で起訴されている。16歳の少年は乱闘と不快感を与える行為、19歳の青年が公務執行妨害で起訴されている。

 警察では乱闘事件の状況を捜査している。
■ソース
Cronulla brawl: Six arrested, Sydney police officer injured in fight involving up to 20 people

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る