男、「男性器」持って警察に出頭

本人のものではなく、病院に調査依頼

 3月5日、NSW州中部海岸地域の町で警察署を訪れた男が、「男性器」と称する物品を警察官に提出するという怪事件が起きた。警察では物品を病院に送り、調査を依頼した。

 シドニー・モーニング・ヘラルド紙(電子版)が伝えた。

 同日午前11時15分頃、ワイヨン・シャイアの湖に挟まれた地域トゥークリーの警察署を男が訪れ、正体不明の物品を警察官に提出し、「切断した男性器」と語っている。

 警察のスポークスウーマンの発表によると、物品はジョン・ハンター病院に送られ、法医専門医による調査が行われている。男が「男性器」と説明したかどうかについては警察スポークスウーマンも明らかにしなかったが、ニュースを伝えたシドニー・モーニング・ヘラルド紙は、「男性器は警察に持ち込んだ男性のものではない」としており、NSW州救急隊スポークスウーマンの発表として、3月5日午前11時30分頃、トゥークリー警察署のあるメイン・ロードに出動したが、何も応急処置する必要はなかったとされている。
■ソース
Man hands in ‘penis’ at Toukley police station

新着記事

新着記事をもっと見る

NICHIGO CHANNEL

新着イベント情報

新着イベントをもっと見る